写真を撮る その010 -みんぱくへ行く-


▲たぶんチベットあたりの仏像(十一面観音、のはず)

国立民族学博物館 a.k.a.「みんぱく」へ行って参りました!
実に二度目の来訪です。なんといってもカメラを始めた俺に最適、
なぜならば、「館内は個人的な目的ならば写真撮影可能」!

今日はNikon D40にMF auto nikkor 50mm F1.4と
AF-S DX zoom nikkor 18-50mmで挑みました。
nikon FM(フィルムのほうのカメラ)で挑む勇気はありませんでした。
今はいってるフィルムISO200だし。まず撮れん、あの暗さでは。

でもレンズを2つ持って行って良かった!
広角で撮りたいときもあれば、仏像とかに寄ってバックぼかーして
撮りたいときもあったから、レンズの違いを試せた一日でした。

nikonのサービスで写真をアップしてみたので、
よければ見てみてください。いやー写真はおもしろいねえ。


写真を撮る その009 -それ、ニコンかい?-


買ってしまいました!Nikon D40!
価格comでお安く延長保証もつく所があって良かった。

おいおいフィルムカメラ派宣言じゃなかったのかよ、と
セルフツッコミも入りそうですが、コイツはあくまでサブ!サブです。

でもオートフォーカスでデジタルの一眼。。。よくできてるなあ。。。
今まで現像代使って絞りとシャッタースピードとピントの実験を
繰り返し失敗してた日々がなんだったのか、、、と。
それなりに見える写真がカンタンに撮れてしまうのう。。。


とりあえず18-55mmのレンズ付きで買いましたが、
ここはあえて50mm F1.4のauto nikkor、30年以上前の
マニュアルフォーカス単焦点レンズで使い倒すことにしました。
こんな昔のレンズも使えてスゴイねえ。

写真を撮る その008



国立民族学博物館
通称「みんぱく」。
あの黒川紀章氏の設計で有名な、万博公園内の施設なんだが、
こいつが今とってもドープでイル(ill)だぜ!
なんと、「写真撮影が可能」なのだ!!!
しかも内容はアサイチに行って午前中いっぱいかけても
見切れない超ボリューム!公式資料によると
「順路通りに歩けば5km」!!

カメラをはじめた俺にとって、こいつはもう一度行かない手は無い!!
前はフツウにデジカメで撮った程度だったが、
今度は違うぜ。フィルムに焼き付けてやるぜ。

三脚なし、フラッシュなし、だとやはりISO800以上の高感度が
良いのでしょうか。館内は結構暗かったはず。
詳しい方おしえてください!!

写真を撮る その007 -Nikon FM フィルム1本目-

サーバの更新やら障害やらでしばらく
24page.jpオチてました。すんません。
このとおり生きております。

で、もう1週間以上前のハナシなんですが、
Nikon FMの初撮り、現像しました。
会社近くのカメラ屋の兄ちゃんが名前の漢字を覚えてくれました。


朝、出社前に仏像フィギュア(東大寺戒壇院 四天王像)を撮った。
おお!背景がボケてる!一眼っぽい!!と素人っぽいカンドウが!
絞り開放(F3.5)でシャッタースピード1/60。やや露出過多でしょうか。


夜中、立つウサギ「粒(つぶ)」をシュート。
ピンが前すぎますね。ケージ(オリ)にピンがきてる。
これも奥がボケてる!うわー!一眼っぽい!カンドウ!!
絞りは開放(これしかわからん)、スピードは1/30。
これより遅いとブレそうです。すでに危うい。

24枚撮り(ISO400コダックのやつ)ですが他はロクなもんじゃ
ありませんでした、と。合掌。

写真を撮る その006



nikonへ行ってきました。
会社のスグ近くにあるので、昼休みに見学がてら。

眼鏡とカメラはヒジョウに相性がわるく、
ファインダが覗きにくいうえに、眼も疲れます。
だからといって裸眼では全部がピンボケ状態にしか見えません。

そこでファインダーに付ける眼鏡のようなもの、
視度調整のための「接眼補助レンズ」なるものがあると知り、
早速nikonのサービスセンターに問い合わせに行ったのでした。

カウンターのオジさまが、初心者の私にも丁寧に説明してくれ、
視力にあったレンズを、測定器で測ってくれました。
(該当レンズは、一番悪い視力の人用の「-5.0」というものでした)

1,050円。1977年当時の機材のアクセサリを現行販売してるnikonは
とてもすばらしいメーカーですね。

※写真はケータイ(サンヨーW51SA)のカメラでの
マニュアルフォーカスによる撮影です。わりと遊べます。
レンズも異常なほど歪んで良い感じに気味悪いです。

写真を撮る その005

 

本日アサイチ、会社あてに届きました!nikon FM!
シルバーボディを最初狙っていましたが、こうやってみると
ブラックもなかなかどうしてステキなものですよ!

早速フィルム(コダックのISO400の安いの)を入れて試し撮り。
あれ?そうか、露出計を作動させるのに電池がいるんやね。
下のコンビニでLR44(ゲームウォッチのアレ。
子供が飲み込まないように注意のアノ電池)を2つ購入。

これで露出計のLEDがONになったよ。
あー、すごい。シャッタースピードと絞りを変えるとちゃんと
露出計も連動するんやねー。おもしろい。

まずはこの最初の36枚で練習。練習。


写真を撮る その004

ニコン FM 1977

落札!

ヤフオクにて本日21時すぎ、Nikon FM(1977年←生まれ年)の
ブラックボディ、レンズ付きをゲット!

出品していたエフェクター以下の値段で買えました!
送料込みで18200円です。近頃わりとカメラ屋見てまわってましたが、
安い方ではないでしょうか。状態は現物みるまではわからんけど。

会社の後輩にデジタル一眼を自慢されたり、現像代に憂鬱になったり、
デジタル世界の誘惑が相当ありましたが、振り切りました!

届くのがたのしみです。

写真を撮る その003

フィルムカメラを始めて間もないのですが、
現像代というものがかかります。
しばらく現像なんてしてなかったので、相場というものが
全くわかりません。某チェーンで24枚で1000円ほどなのですが、
(サムネイルとアルバム付き)これって高いの。。。?

「高いなあ」とは思って悩んでいるのですが。。。

このままモノクロのジカゲン(自家現像)まで手を染めたら
どうしよう、と自分で自分が心配です。

※カメラ屋とヤフオク熱烈チェック中!もうすぐ手に入れてやるぜ!
機材も売るし(入札まったくはいらん。困った。)

写真を撮る その002

この前とった写真の現像をひきとってきました。
結果、ブレブレ!ぜんぜんとれてませんでした!

数枚はなんとか写っておりましたが、それはもうヒドいものです。
カメラ屋のおっちゃんに
「近すぎるからピントが合わへんのや」
と教えてもらいました。
モノクロフィルムの方はちゃんとモノクロ用の印画紙で
焼いてくれたみたいです。その代わり少し高いですが。

なるほど、ん?
よく見たらカメラのレンズの所に、距離が書いてあるやないの。
0.8〜5mまたは∞。あ、そーなのね。
接写できるもんだとすっかり思い込みなのでした。

「カメラもってきてくれたら説明しますよ」と
言ってくれたので、まずはこのおっちゃんに弟子入りすることから
はじめます!!

とりあえず一番マシなふたつ。これでもヒドいですが。。。
ウチの近くの消防署と家のウサギ「つぶ」です。

auto half Eの方はとても見れたモンじゃないので割愛します。
どちらもcanonetでの撮影です。フィルムの銘柄は忘れた。
たしかフジフィルムの何か。
 

写真を撮る その001



文明の利器googleを使って、なんとかカメラについての理解が深まったので、
件の骨董Canonetと学生時代にフリマで購入したリコーauto half E
家のウサギと子供を取りまくってみた。

auto halfはハーフ判なので24枚撮りならば48枚撮れる。
原理は単純でフィルムの使用スペースを半分にして
現像でフツウのサイズにまでひきのばす。と。
要は解像度が荒い、その代わり枚数はイケるぞ、と。

canonetにはフジフィルムのモノクロのフィルムを入れてみました。
町の小さなカメラ屋に持っていったら、モノクロはメーカー送りになって
2、3日かかっちゃう、とのこと。まあいいや楽しみにしておこう。

昨今のディジタルキャメラの進化は確かにスゴいが、
撮り手から「意図」をも奪ってしまうことになってるのだなあ、と
手動カメラを手に四苦八苦しながら思うのでした。

1

search this site.

categories

archives

recommend

NOISE McCARTNEY RECORDS COMPILATION Vol.2
NOISE McCARTNEY RECORDS COMPILATION Vol.2 (JUGEMレビュー »)
オムニバス,Leon&Grover,土井玄臣,24ページ,ロック病院,ミラーボールズ,まつきあゆむ,森本のりたか,Fredeliq

recommend

recommend

recommend

NOISE McCARTNEY RECORDS COMPILATION Vol.2
NOISE McCARTNEY RECORDS COMPILATION Vol.2 (JUGEMレビュー »)
オムニバス,Leon&Grover,土井玄臣,24ページ,ロック病院,ミラーボールズ,まつきあゆむ,森本のりたか,Fredeliq

recommend

recommend

mobile

qrcode